高齢出産には葉酸サプリが特におススメ。奇形児のリスクを低減します

妊娠初期には特に葉酸が必要!手軽に摂取するには葉酸サプリ♪

葉酸サプリ,効果,妊娠,妊婦妊婦・授乳中の葉酸サプリ

 

数十年前の日本人は、先天性の異常児(奇形児)が生まれる確率は低いものでした。
しかし、ライフスタイルの欧米化に伴い、
次第に奇形児の割合は上昇してきました。

 

現代では30年前と比べて、奇形児が生まれてしまう確率は倍以上に跳ね上がりました。
特に35歳以上の高齢出産の方にとっては、
残念なことですが、さらに確率は上昇
してしまいます。

 

高齢出産には様々なリスクが!特に先天性異常が怖い!

 

葉酸サプリ,効果,妊娠,妊婦高齢出産

 

35歳以上の高齢出産はやはり20代の出産と比べてリスクは大きいと言わざるを得ません。

 

主なリスクだけで以下の3点があります。

 

  • 流産
  • 先天性異常
  • 妊娠高血圧症候群

 

特に、流産と先天性異常は直接胎児の健康状態と関わってくるため非常に重要です。

 

流産に関しては、一般的な全妊娠で10%程度と言われていますが、
35歳以上になると20%以上と倍以上に跳ね上がります。
流産してしまうっ理由の一つが、先天性異常なのです。

 

胎児が先天性異常となってしまう可能性は、
30歳以下で1.8%、35歳で2%、40歳以上で2.4%と徐々に増えていきます。

 

数字自体は低いですが、割合で考えると、
40歳以上で先天性異常の可能性は、30歳以下の33%以上多くなっています。

 

特に染色体異常(ダウン症)に関しては、
20代と40代では10倍以上も可能性が変わってきます。

 

このように、高齢出産は若い世代の出産と比べてリスクが存在するというのも事実なのです。

 

とはいえ高齢出産も多数の成功者が!その成功のヒミツは?

 

葉酸サプリ,効果,妊娠,妊婦高齢出産に成功

 

最近は晩婚化に伴い高齢出産の割合も増えてきました。
確かにリスクは存在するものの無事健康な赤ちゃんを産んでいる方もたくさんいます

 

そのような人たちは、いったいどんな対策をしているのでしょうか?

 

その対策の一つに葉酸の摂取があります。

 

葉酸は、胎児の先天性以上の可能性を大きく減らしてくれる効果があります。

 

最近の研究でもこの事実が証明されており、
厚生労働省も妊婦に葉酸サプリの摂取を積極的に進めています。

 

葉酸は、胎児の細胞分裂を活発化してくれます。
細胞分裂が正常に行われると、胎児の臓器も正常につくられます。

 

胎児の細胞分裂は妊娠中ずっと行われますが、
特に重要な期間が12週目までとなっています。

 

この期間は臨界期とも呼ばれ、
胎児の体が形作られるもっとも大切な期間となっています。

 

この時期に細胞分裂が正常に行われないと、
奇形児が生まれてしまう可能性が急上昇します。

 

従って葉酸サプリもこの期間は特に摂取した方が良いですね。
他の期間も重要なのは間違いないのですが、
妊娠直後から12週目までは特に重要です。

 

厚労省は基本的には食べ物から必要な栄養素を摂取することを基本としていますが、
葉酸に限ってはサプリメントからの摂取を推奨しています。
まぁ、それほど大切な栄養素だということが言えますね!

 

ただ、妊娠直後から葉酸の摂取が必要という事なので、
妊娠に気づいてからでは遅すぎます(汗)
妊娠が判明したころには、赤ちゃんの脊柱や脳など重要な器官はすでに作られています。

 

先天性異常を予防するには、それらの重要な器官が作られる前に葉酸を摂取して、
細胞分裂を活発にしてあげる必要があるのです。

 

従って、葉酸サプリは妊活中から飲んでおくのが最も安心です。
子どもを作ろうと既に活動を始めている方は、
今すぐから飲んでおいた方が良いでしょう。

 

外国の研究では、葉酸サプリを摂取することで70%以上も先天性異常のリスクを低下させたという報告もあります。
これは、高齢出産を考えている方には非常に心強いですね♪

 

高齢出産に伴う全てのリスクを排除するのは困難ですが、
大きくリスクを減らして健康な赤ちゃんを産んでいる方はたくさんいらっしゃるのです!

 

ただいくら良い葉酸を摂っていても、薬の飲み合わせを間違えてしまうと効果が台無しになってしまいます。
気になる方は、以下のサイトをご覧くださいね!

 

葉酸サプリ,効果,妊娠,妊婦葉酸サプリと薬の飲み合わせ